デジタルカメラに関する最新ニュースや気になることをクリップ

パナソニックのミラーレス一眼カメラ DMC-G6とG5の違い・比較

2013.09.05

パナソニックのミラーレス一眼カメラ DMC-G6とG5の違い・比較 はコメントを受け付けていません。

パナソニックDMC-G6の発売日は2013年4月

2013年4月発売のパナソニックDMC-G6と2012年9月発売のパナソニックDMC-G5を比較してみました。

同じ部分

有効画素数:1605万画素記録フォーマット:JPEG,RAW(同時記録可)
液晶モニター:3インチ バリアングル
バルブ撮影可能
ファインダー付き

 

G6の特徴・進化した部分

撮影感度が拡張:25600にアップ
画像処理エンジンが進化

これにより、夕暮れや室内の撮影がより向上することになります

液晶モニター:92万ドット感圧式→104万ドット静電式

ドット数が多いほうが液晶が綺麗です。撮影した写真を再生したり、屋外など液晶画面がみえづらいときでもより見えやすくなりました。静電式はスマートフォンのタッチ認識の方法とほぼ同じになります。感圧式と比較するとよりスムーズな操作感になります。

NFC、Wi-Fi対応

撮影した写真の閲覧や保存がスマホやタブレットでできます。
SNSに写真をアップロードしたりシャッターを切るなどのリモート撮影も、スマートフォンやタブレットから操作することができます。

比較してみた感想

高感度撮影により強くなりました。タッチパネルが静電式になった点もいいですね!画面も綺麗になります。
感圧式は操作するときに気持ちグッと指で押し込む必要があるので、静電式の方が滑らかに操作できることになります。
人気機能のWi-Fiが追加されたのは大きいかなと思います。

関連記事

コメントは利用できません。