CANONキャノン EOS 70Dと60Dのセットレンズの違い

CANONキャノン EOS 70Dと60Dのセットレンズのは付いているモーターの種類が違います。

EOS 70Dと60Dのセットレンズの構成についてまとめました。

70Dと60Dのセットレンズの焦点距離は同じ

70Dと60Dのセットレンズの構成ですが、焦点距離は一緒です。

70Dセットレンズの構成

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 EOS70D1855ISSTMLK

付属レンズ:1本 EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D レンズキット EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 付属 EOS70D18135STMLK

付属レンズ:1本 EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 70D ダブルズームキット EF-S18-55 IS STM/EF-S55-250 IS STM付属 EOS70D-WKIT

付属レンズ:2本 EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM、EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

 

60Dセットレンズの構成

EF–S18–55 ISレンズキット
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS付属 EOS60D1855ISLK

付属レンズ:1本 EF–S18–55mm F3.5–5.6 IS II

 

EF–S18–135 ISレンズキット
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D レンズキット EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS 付属 EOS60D18135ISLK

付属レンズ:1本 EF–S18–135mm F3.5–5.6 IS

 

ダブルズームキット
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 EOS60D-WKIT

付属レンズ:2本 EF–S18–55mm F3.5–5.6 IS II、EF–S55–250mm F4–5.6 IS II

 

焦点距離もレンズの明るさも変わりません。

パッと見だと同じレンズにも見えますが、オートでレンズを動かすためのモーターが違います。

モーターが新しくなった70Dのセットレンズ

70Dにセットで付いてくるレンズはリニューアルされた新しいレンズが付いてきます。

60Dはレンズの末尾が『IS』もしくは『IS II』となっています。
70Dは『IS STM』のレンズになります。

キャノンの交換レンズの『IS』とはイメージ・スタビライザー(IMAGE STABILIZER)という手振れ補正の技術名称のことです。

『STM』とはステッピングモーター(Stepping Motor)の略です。

レンズについているモーターの役割は、撮影するときにオートでピントを合わせるためにレンズを動かす役目をします。

70Dのセットレンズは音が静か

『STM』が付いている交換レンズは、オートフォーカスをした時のレンズのモーター音がとても静かです。

70Dは動画性能も向上しているので、レンズも動画撮影の邪魔にならないレンズの方が70Dの良さをさらに発揮できますね。

『IS』『IS II』は通常のモーターなので、『STM』の付いたレンズと動作音を比べると目立つように感じるかもしれません。

ちなみに…USMとは

70Dのセットレンズには直接関係のない話ですが、キャノンの交換レンズには『USM』が付いているものもあります。

『USM』とは(Ultrasonic Motor=超音波モーター)の略です。

『STM』は『USM』よりもさらに音が静かなレンズです。

CANONキャノン70Dと60Dの違い デュアルピクセルCMOS AFとタッチパネルについて

CANONキャノン70Dと60Dの大きな違いは、70Dの新機能『デュアルピクセルCMOS AF』です。

実際に70Dを触る機会があり、ライブビュー撮影による被写体の追従撮影を試すことができました。

70Dの新機能『デュアルピクセルCMOS AF』はキャノンが『10年に一度の開発』と謳っていますが、その性能の素晴らしに感動しました。

CANONキャノン 70Dと60Dの違い

発売

70D 2013.08.29
60D 2010.09.18

約2年でのニューモデル発売となりました。

画素数

70D:2020万画素
60D:1800万画素

有効画素数は220万画素アップしました。

センサー

 
70D:APS-C型CMOS(有効サイズ:22.5mm×15.0mm)
60D:APS-C型CMOS(有効サイズ:22.3mm×14.9mm)

両方ともAPS-C型CMOSセンサーですが、微妙にサイズアップしています。
センサーサイズが大きいほど画質の向上が期待できます。

センサーサイズとは

画像処理エンジン

 
70D:DIGIC 5+
60D:DIGIC 4

DIGIC 5+のほうが新しいセンサーです。
センサーが新しくなると、一般的には画質が向上します。
カメラ本体の動作も速くなります。

ISO感度(通常)

70D:ISO 100~12800(拡張ISO:25600)
60D:ISO 100~6400(拡張ISO:12800)

ISO感度の最大値が向上しました。
ISO感度が高いと暗いところでの撮影が可能になりますがノイズが発生しやすくなります。

連写撮影

70D:7コマ/秒
60D:5.3コマ/秒

70Dは1秒間に7コマの撮影が可能になりました。
1秒間当たりに撮影できる枚数が増えると、動く被写体の『瞬間』を捉えやすくなります。

測距点

70D:19点
60D:9点

測距点が多いほど構図をキープしたままピントを好きな位置で合わせやすくなります。

撮影可能枚数

70D:920枚
60D:1100枚

撮影可能時間

70D:約1時間20分
60D:約1時間40分

撮影可能枚数は180枚減、時間は20分減となってしまいました。
専用電池の型番は変わっていないので、70Dの方が電力消費が大きいということですね。

ファインダー視野率

70D:98/98(%)
60D:96/96(%)

縦横方向にそれぞれ2%ずつファインダーの視野が広がりました。
視野率が100%に近づくほど、実際の写真に近い構図で被写体を切り取ることができます。

タッチパネル

70D:対応
60D:非対応

70Dはタッチで液晶を操作できるようになりました。

Wi-Fi

70D:内蔵
60D:内蔵なし Eye-Fiカードには対応

Wi-Fiを利用してスマホなどに写真を転送できるようになりました。
60DはEye-Fiカード使って写真の転送をすることができます。

Wi-Fi

70D:内蔵
60D:内蔵なし Eye-Fiカードには対応

Wi-Fiを利用してスマホなどに写真を転送できるようになりました。
カメラのWi-Fiでできること

60DはEye-Fiカード使って写真の転送をすることができます。
Eye-Fiカードとは

大きさ

70D:139×104.3×78.5 mm
60D:144.5×105.8×78.6 mm

わずかではありますが小型化しています。

その他共通

シャッタースピード:1/8000~30秒
液晶モニタ:3インチ 104万ドット 可動式
フレームレート:30fps
重さ:755g

個人的な感想

価格で比べてしまうと発売されたばかりの70Dよりは60Dを選びたくなりますが、70Dの新機能『デュアルピクセルCMOS AF』を試して本当に感動したので、予算に余裕があるなら70Dをオススメします。タッチパネルがあるのも使いやすいと思います。一眼レフにタッチパネルはいらないと思っていましたが、使ってみると意外と便利でした。

ライカ LEICA C Typ112が10/19に発売 スペックと機能まとめ

ライカ LEICA C Typ112が10/19に発売になります。

ライカのデジカメはおしゃれな外観デザインと『ライカブランド』が大きな特長です。

通常の標準的なコンパクトデジカメよりも少し大きなセンサーサイズを使用した画質重視のコンパクトデジカメです。

センサーサイズとは

外観デザインはアウディのデザインチームが手がけたというおしゃれな仕上がりになっています。

ライカ LEICA C Typ112 仕様・機能

発売

2013.10.19

2013年の秋冬新作です。

画素数

・1210万画素

パナソニックLUMIX DMC-LF1やキャノンG16やニコンP7800とほぼ同じです。

センサー

・1/1.7型 MOSセンサー

センサーサイズもパナソニックLUMIX DMC-LF1やキャノンG16やニコンP7800と同じサイズの1/1.7型です。

MOSセンサー:パナソニック主導で開発しているイメージセンサーです。

センサーサイズとはセンサーとは

焦点距離(35mm換算値)

・28-200mm(35mm換算値)

35mm換算とは

F値

・F2.0-F5.9 

光学ズーム

・7.1倍

パナソニックLUMIX DMC-LF1と同等の7.1倍です。

デジタルズーム

・4倍

ISO感度(通常)

・情報を見つけることができませんでした。

マクロ

・3cm

液晶モニタ

・3型 約92.1万ドット

Wi-Fi

・内蔵

ライカ LEICA C Typ112はスマートフォンやタブレット端末への画像転送、スマートフォンなどからのリモート操作が可能です。

NFCも対応しています。

NFC:かざすだけでデータ通信が可能になる近距離無線通信の規格です。

ファインダー

電子ファインダー 約20万ドット(視度調整機構付き)

20万ドット…あまり鮮明さは期待できないかもしれません。
約20万ドットは同ランクのパナソニックLUMIX DMC-LF1と同じです。
ちなみに、Nikon P7800の電子ファインダーは約92万ドット記録形式

静止画:RAW、JPEG、MPO
動画:AVCHDおよびMP4

サイズ

約W103×D28×H63mm

重量

・約195g

外観デザイン

・アウディを手がけるデザインチームが担当

ボディカラー

・ライトゴールドとダークレッドの2色

付属品

・写真現像ソフトdobe Photoshop Lightroom(登録後ダウンロード)
Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版

その他の特長

別売りですが、ライカ LEICA C のアクセサリーの発売が予定されています。

2013.11発売予定
・「ライカCポーチ」カメラポーチ。ラムスキンのナパレザーを使用。
・「ライカCハンドストラップ」カメラケース。柔らかい上質なアルカンターラ®を使用。
・「ライカCクラッチ」 カメラと小物が収納できるクラッチバック。キャリングストラップ付きでエレガント

2014.01発売予定
・「ライカCケース」、マグネット式開閉の上品レザーポーチ。同色レザーストラップ付属
・「ライカC用スナップ」カメラプロテクター。カメラ本体をキズや衝撃から守る

個人的な感想

詳しくは知らないのですが、ライカとパナソニックは提携関係にあるようです。
パナソニックのデジカメは『ライカレンズ』をウリにしているモデルが多いですね。
確かに、同等クラスのパナソニックLUMIX DMC-LF1とライカ LEICA C Typ112は仕様が似ています。見た目もなんとなく似てる…?
カメラはレンズ性能が重要とも言われるので、当然かもしれませんがLEICA C Typ112はライカらしい絵作りになるかと思います。

付属品として写真現像ソフトのAdobe Photoshop Lightroomがダウンロードできるようです。
Adobe Photoshop Lightroomは新規購入で\14,000-くらいですので購入を予定している人はお得な気持ちになりますね。

ライカ LEICA C Typ112は同等クラスのモデルのカメラとの明らかな違いはないように見えますので仕様・機能だけで考えると割高ともいえます。
ライカのデジカメの中身はパナソニックだという方もいるようですが、ライカのカメラは仕様よりも『ライカ』の名前が入っていることに大きな価値がある、と個人的には思っています。

ライカ ライカC(ライトゴールド) Type 112 18485

フジフィルム X20とX10の違い

フジフィルム X20とX10の大きな違いは、センサーが新しくなった点です。

見た目はロゴの位置以外はほぼ変わっていませんが、センサーの変更は撮影時の動作の速さ、画質の向上が期待できます。

光学ファインダーを覗くと、ファインダー内に撮影情報が表示されるようになって便利になりました。

フジフィルム X20とX10の違い

発売

X20 2013.02.23
X10 2011.10.22

X20はX10から1年4ヶ月で発売

共通仕様・機能

画素数:1200 万画素
センサー:3/2型 →センサーサイズとはセンサーとは
焦点距離:28-112mm(35mm換算値)→35mm換算とは
F値:F2-F2.8 光学ズーム:4倍
デジタルズーム:2倍
ISO感度(通常):ISO100~12800 マクロ(拡張):1cm
液晶モニタ:2.8インチ 46万ドット
ファインダー:光学ファインダー(視野率約85%)
撮影可能枚数:270枚

センサーの違い

X20:X-Trans CMOS II
X10:EXR CMOS

センサーが新しくなったことにより動作が速くなり画質が向上しました。

ローパスフィルターの違い

X20:非搭載
X10:搭載

ローパスレスになり解像感が増しました。
ローパスレスとは

Wi-Fiの違い

X20:Eye-Fiカードに対応
X10:非搭載

Eye-Fiカード対応のカメラならスマホなどにWi-Fiで画像を転送できます。
Eye-Fiカードとは

フレームレートの違い

X20:60fps
X10:30fps

より滑らかな動画が撮影できるようになりました。

連写撮影の違い

X20:12コマ/秒
X10:10コマ/秒

10コマ/秒でも十分といえますが、1秒間あたりの撮影枚数が更に増えて12コマ/秒になりました。

重量(バッテリー、メモリーカード含む)の違い

X20:約353g
X10:約350g

プラス3gならほぼ変わらないですね。

カラーバリエーションの違い

X20:ブラック、シルバー
X10:ブラック

カメラ本体のカラバリが増えると、より自分の好みに合わせて選べます。

個人的な感想

X20の発売から8ヶ月ほどですので、X10は価格がだいぶ下がっています。Eye-Fiカードを使いたい場合はX20の選択になりますが、Wi-Fi機能は使わず、画質もほどほど撮れればいいということならX10でもいいのかなー…。個人的にはセンサーの変更とファインダー内に撮影情報が表示されるのはかなり大きな変更に感じます。撮影のしやすさは毎回付いて回るので私ならX20を選ぶかもしれません。

FUJIFILM デジタルカメラ X20S 光学4倍 シルバー F FX-X20S

FUJIFILM デジタルカメラ X10 光学4倍 F FX-X10

CANONキャノンG16とNikonニコンP7800の違い


CANONキャノンG16とNikonニコンP7800の違い

CANONキャノンG16とNikonニコンP7800は旧モデルのCANONキャノンG15とNikonニコンP7700から引き続きライバル関係のモデルです。

このクラスのカメラになると、多少ブランドの好みでも選ぶ人が多くなってくるのかもしれませんが、CANONキャノンG16とNikonニコンP7800を機能の面から違いを比べてみました。

CANONキャノンG16とNikonニコンP7800ともファインダーが付いたので、実像と電子式の差はあるものの旧モデルのCANONキャノンG15とNikonニコンP7700以上に購入を悩む人も多くなるかもしれませんね。

*もくじ*

  1. キャノン パワーショットG16 と ニコン P7800 の違い(ざっくり)
  2. キャノン パワーショットG16 と ニコン P7800 の違い(詳細)
  3. 個人的な感想

[prlink]

キャノン パワーショットG16 と ニコン P7800 の違いをざっくり!

【違い】キャノン パワーショットG16の優れているところ

  • 望遠側でも明るいレンズ
  • ISO感度の最大値が大きい
  • マクロ最短距離1cm
  • Wi-Fi内蔵
  • 実像式光学ズーム
  • 軽い
  • 星空撮影モードの充実

【違い】ニコン P7800 の優れているところ

  • 光学ズーム7.1倍
  • 液晶モニターが回転式で動く
  • 電子ビューファインダー内蔵
  • 連写120枚/秒(ノーマル撮影モード限定)
  • ブラケット撮影の種類が多い
  • 多灯撮影対応

キャノン パワーショットG16 と ニコン P7800 の詳細な違い

ライバル関係のキャノン パワーショットG16 と ニコン P7800 のざっくりとした違いをまとめてみましたが、次に2つの機種の違いをちょっとだけ細かく調べてみました。

発売日の違い

  • NikonニコンP7800:2013.10.10
  • CANONキャノンG16:2013.09.12

2013年の秋冬新作です。

画素数の違い

  • キャノンG16:1210万画素
  • ニコンP7800:1219万画素

有効画素数はG16,P7800とも1210万台と大きな違いはありません。

センサーの違い

 

  • キャノンG16:1/1.7型CMOS(裏面照射型)
  • ニコンP7800:1/1.7型CMOS(裏面照射型)

両方とも1/1.7型CMOS(裏面照射型)で違いはありません

センサーとは

光学ズームの違い

  • キャノンG16:5倍
  • ニコンP7800:7.1倍

光学ズームはニコンP7800のほうが上です。

デジタルズームの違い

  • キャノンG16:4倍
  • ニコンP7800:4倍

デジタルズームは違いがないです。

焦点距離の違い(35mm換算値)

  • キャノンG16:28-140mm
  • ニコンP7800:28-200mm

ニコンP7800の方が60mm長いです。

35mm換算とは

F値の違い

  • キャノンG16:f/1.8-2.8
  • ニコンP7800:f/2-4

F値が小さいほど明るい写真を撮りやすくなります。

センサーが同じサイズなら、F値が小さいほうが背景ボケのボケ感は大きくなります。

望遠にするほど暗くなるのが一般的です。

キャノンG16は望遠側でも明るいのが強みです。

ISO感度(通常)の違い

  • キャノンG16:ISO80-12800
  • ニコンP7800:ISO80-3200

ISO感度は数字が大きいほど高感度撮影(夜景など)に強くなります。

ISO感度は2機種で大きく差があります。

ニコンP7800は拡張で6400までいけます。

キャノンG16は12800がどの程度常用に耐えられるのかが気になります。

マクロの違い

  • キャノンG16:1cm
  • ニコンP7800:2cm

キャノンG16の方がより近くまで寄ってマクロ撮影できます。

シャッタースピードの違い

  • キャノンG16:1~1/4000秒
  • ニコンP7800:1~1/4000秒

シャッタースピードは違いがありません。

液晶モニタの違い

  • キャノンG16:3インチ 92万ドット
  • ニコンP7800:3インチ 92万ドット 可動モニタ

どちらのモデルもサイズは変わりませんが、ニコンP7800はバリアングルモニタです。

Wi-Fiの違い

  • キャノンG16:内蔵
  • ニコンP7800:外付け(別売りアダプタ)

ニコンP7800はWi-Fiが内蔵されていないので、Wi-Fiを使いたい場合は別売りのアダプタを購入することになります。

その分追加日用発生+本体重量アップになります。

Nikon ワイヤレスモバイルアダプター WU-1a

ファインダーの違い

  • キャノンG16:実像式光学ズーム
  • ニコンP7800:電子ビューファインダー

キャノンG16は実像式光学ズームですが、一眼レフと違い簡易的なものです。

なので、実際に使ってみるとファインダー覗きにくいなーと感じます。

ニコンP7800は電子ビューなので多少見えづらいかもしれませんがホワイトバランスの設定などを撮影前にファインダーから確認できるというメリットがあります。

これは好みがわかれるかもしれません。

フレームレートの違い

  • キャノンG16:60fps
  • ニコンP7800:30fps

キャノンG16のほうが滑らかな動画が撮影できます。

重量の違い

  • キャノンG16:356g
  • ニコンP7800:399g

ニコンP7800は可動液晶モニタなのでその分多少重くなっています。

その他の特長の違い

P7800

ブラケット撮影の種類が多い、ファンクションボタンの割り当てが2つある、D-ライティング、多灯撮影対応、連写120枚/秒(ノーマル撮影モード限定)

G16

星空撮影モードの充実、ファンクションボタンの割り当ては1つ

その他共通

内蔵NDフィルター、マニュアルフォーカス撮影、電子水準器

個人的な感想

キャノンG16はNikonニコンP7800より40gほど軽くて多少小ぶりですが、これくらいの大きさの違いであれば可動液晶モニタ&電子ビューファインダー搭載のNikonを選ぶ人も多いと思います。

Nikonニコンは地味ながらも撮影に便利な機能が入っているので、撮影のしやすさで言うとNikonニコンP7800に軍配が上がるかもしれません。

Wi-Fiアダプタ別売りは非常に残念です。

ただ、ニコンはP7700を店頭でみたときにグリップ部分が剥がれてめくれていて汚くなっていたので、たまたまかもしれませんがP7800のグリップの耐久性が気になります…。

キャノンG16は星空撮影モードがあり、手軽に星空を撮影したいというニーズは多い気もするのでその点は強みかなと思います。

Wi-Fiが内蔵されているのも強みです。
キャンプに行って星空を撮影、携帯の電波が入る場所ならそのままSNSへアップという使い方もできますね。

今っぽい。

価格は今のところNikonニコンP7800の方が上です。

バリアングル液晶とズームが欲しいけどWi-Fiはいらないという場合はNikonニコンP7800、明るいレンズ、Wi-Fi内蔵、マクロ1cmでできるだけ小さいほうがいいという場合はキャノンG16だと思います。

Canon デジタルカメラ PowerShot G16 広角28mm 光学5倍ズーム PSG16

Nikon デジタルカメラ COOLPIX P7800 大口径レンズ バリアングル液晶 ブラック P7800BK


[prlinkb]

Nikonニコン P7800とP7700の違い

Nikonニコン P7800とP7700の大きな違いは、電子ビューファインダーが搭載された部分です。

ほかには、NikonニコンP7800は撮影時の画像確認のしやすさが向上したようです。

搭載された電子ビューファインダーは92万ドット。

背面の液晶モニターは高輝度に設定する事ができるようになり、野外などで液晶画面が見えにくいときに視認性がアップしそうです。

Nikonニコン P7800はWi-Fi内蔵ではありませんが、別売りのアダプターをつけるとWi-Fi対応になります。

それにより、スマートフォンへの画像転送、リモート操作などができるようになります。

Nikonニコン P7800とP7700の違い

発売

P7800:2013.10.10
P7700:2012.09.27

共通仕様・機能

画素数:1219 万画素
センサー:1/1.7型CMOS(裏面照射型)   →センサーとは
画像処理エンジン:EXPEED C2
焦点距離:28-200mm(35mm換算値)  →35mm換算とは
F値:F2-F4  →F値とは
光学ズーム:7.1倍
デジタルズーム:4倍
マクロ:2cm
手振れ補正:VR(レンズシフト式)
液晶モニタ:3インチ 92万ドット 可動モニタ

性能アップ・追加機能など

ISO感度(通常):最大1600だったものが最大3200にアップ  →ISO感度とは
撮影可能枚数:350枚(P7700は330枚なので20枚アップ)
液晶モニタ:輝度調節機能付き、高輝度撮影ができるようになった(RGBW)、消費電力をP7700より低減
インターフェイス:USB2.0に対応
Wi-Fi対応:別売りWi-Fiアダプタに対応。画像転送、ワイヤレスリモートが可能に。
その他:電子ビューファインダー搭載(92万ドット)、視野率100%

削除機能など

3D撮影がなくなった
重量が7gアップ

個人的な感想

可動液晶モニタ&電子ビューファインダー搭載なのに重量はわずか7gアップというのはかなり大きなバージョンアップだと思います。
アマゾンでのNikonニコン P7800とP7700の価格差が約2倍ありますが、この2台で選ぶなら私はP7800を購入します。
撮影時の視認性は毎回付いて回るものだし撮影の基本部分です。
重さがほとんど変わらないならファインダーはないよりはあったほうがいいかな…。
屋外撮影での液晶画面は、ほんと見えにくいことが多いので。
このクラスのカメラは買い替えサイクルも速くないことが多いので長く使う事が前提なら撮影のしやすさはやっぱり重要だと思います。
もしNikonニコン P7700を買うなら、店頭新品在庫が完売になっているお店がほとんどなのでネット通販での購入になるかと思います。

OLYMPUS オリンパス SH-60とSH-50の違い

OLYMPUS オリンパス SH-60とSH-50の違い

OLYMPUS オリンパス SH-60とSH-50の大きな違いは、新機能「フォトストーリー」が搭載されたという部分です。
カメラの基本的な機能は変わっていないので、マイナーチェンジですね。

OLYMPUS オリンパス SH-60の新機能「フォトストーリー」は撮影済みの写真をおしゃれにレイアウトしてくれる機能です。

ストーリー性のある写真を表現することができます。

4種類のテーマがあるので、飽きずに楽しめそうです。

OLYMPUS オリンパス SH-60はタッチパネルで「フォトストーリー」に使用する写真を簡単に操作して選ぶことができるところがいいですね。

発売日

  • SH60:2013.10
  • SH50:2013.01

9ヶ月間隔での後継機発売です。

OLYMPUS オリンパス SH-60とSH-50 共通仕様・機能

  • 画素数:1600 万画素
  • 光学ズーム:24倍
  • デジタルズーム:4倍
  • 液晶画面:3インチ、46万ドット、タッチパネル
  • Eye-Fiカード:対応 →Eye-Fiカードとは
  • 撮影可能枚数:310枚
  • サイズ:112.1×63.5×42.4 mm

概観も含め、OLYMPUS オリンパス SH-60とSH-50の基本性能は変わっていないですね。

OLYMPUS オリンパス SH-60に追加された機能

画像編集:「フォトストーリー」新搭載

個人的な感想

新機能「フォトストーリー」は楽しめそうですが、パソコンで画像編集したり、スマフォに転送してコラージュするという場合はあまり使わないかもしれませんね。

価格差は5,000円前後くらいあるので、予算を押さえたい場合や新機能は使わずにシンプルに撮影したい場合は在庫があるうちにSH-50を購入するほうがいいと思います。

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS SH-60 3軸フォト手ぶれ補正&ハイブリッド5軸ムービー手ぶれ補正 光学24倍&超解像48倍ズーム ホワイト SH-60 WHT

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS SH-50 1600万画素裏面照射型CMOS 光学24倍ズーム 広角26mm ブラック SH-50 BLK

2013年8月 カメラ・レンズetc 発売日 一覧 カレンダー

2013年8月 カメラ・レンズetc 発売日 一覧 カレンダー

8/9
ソニー「α58 SLT-A58M 高倍率ズームレンズキット」

8/22
パナソニック「LUMIX DMC-FZ70」,「DMC-XS3」

8/23
カシオ「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR800」
オリンパス プレミアム本革カメラバッグ「CBG-9 PR」,プレミアム本革ストラップ「CSS-S117L PR」,プレミアム本革ボディージャケット「CS-41B PR」

8/29
キヤノン「EOS 70D EF-S18-55 IS STM レンズキット」
ニコン「COOLPIX S6600」