オリンパスPEN mini2 vs オリンパスPEN mini3の違いと比較・買い替えについてのメモ

オリンパスPEN mini2だけではありませんが、ここのところ価格がいい感じに下がり続けていますねー♪

気づけば価格.comのレンズキットとボディが3万円切っています!

秋に新モデルのでるカメラも多いはずなので、買い替えチャンスの時期ですね。

この秋はオリンパスPEN mini1からの買い替えで狙っていますが、PM3のスペック次第かなと考えています。

【オリンパスPEN mini2に変えたら向上する部分】
・有効画素数・・・1230万画素→1605万画素にUP
・最大ISO感度・・・12800→25600にUP
・画像処理エンジン・・・新エンジンに進化、画質向上
・タッチシャッター使用可能

【オリンパスPEN mini1と変わらない部分】
液晶モニター46万ドット
Wi-Fiなし

オリンパスPEN mini3が『液晶モニター92万ドット』で『Wi-Fi内蔵』になっていたらmini2は見送ってあと1年pm1を使い倒す、液晶モニター46万ドットでWi-Fiなしと変わらずなら、価格次第で買い替えの予定です。

Nikon1は今のところWi-Fi内蔵モデルがなくて下位機種のS1が46万ドット液晶なので、pm3が92万ドットでWi-Fi内蔵にしてきたらかなりの差別化になると思うのですがどうなるのか楽しみです!

ペンタックスQ7とコンパクトカメラの違い

ペンタックスQ7はコンパクトカメラと比較して画質の向上を期待するカメラというよりはレンズで気軽に遊ぶカメラとして楽しいカメラだと思います。

ミラーレスカメラの選び方の話のときに必ずといっていいほど出てくるセンサーの大きさですが、ペンタックスQ7は3,4万で買える『ちょっといいコンパクト』と同じ大きさです。

キャノンのG15とかニコンのP7700とかと同じ大きさのセンサーです。

キャノンのG15はいつも持ち歩いていますがとっても使いやすいです♪

画質はセンサーの大きさだけではなくレンズ性能も大切なのでペンタックスQ7がコンパクト並みの画質なのかは試してないのでわかりませんが、仕様だけ見ると近い画質なのかなと予想します。

ペンタックスQ7は『レンズ交換のできるコンパクトデジカメ』という方も少なくないようです。

見た目が一眼レフカメラっぽいので『動き回る子供の撮影』とか『コンパクトと比較して明らかな画質の向上』などを期待している方も少なくないようなので、ペンタックスQ7はコンパクトカメラとあまり変わらないよという点は注意したいです。

ミラーレスで動き回る子供を撮りたいなら、現状ではニコンのミラーレスカメラ『Nikon1』一択で間違いないと思います!

個人的には、交換レンズを買わないで購入時についてくレンズだけしか使わないならキャノンのG15とかニコンのP7700のほうが携帯性に優れているのでペンタックスQ7より『ちょっといいコンパクト』が使いやすいかなー。

ペンタックスQ7の交換レンズはすごく安くてネット購入なら2万円以内で変えるレンズがほとんどです。

一眼レフカメラのレンズはそれなりの値段なので、ペンタックスQ7は低価格で違った画角を楽しめるカメラになっています。

ペンタックスQ7はコンパクト比較して画質の向上が大きく望めるわけではありませんが、ペンタックスQ7のいいところは低価格で交換レンズが揃うのでレンズ交換式カメラを使ってみたい初心者が気軽に試せるところだと思います!

キャノンEOS70D デュアルピクセルCMOS AF

キャノンEOS70Dに搭載されるデュアルピクセルCMOS AFはキャノン社内で「10年に1度の技術」といわれているそうです。すごい技術なんですねー

インタビュー:キヤノンEOS 70Dの「デュアルピクセルCMOS AF」に迫る – デジカメ Watch

上記記事内容をまとめると…

・ライブビュー撮影時にもファインダーAFと同じような高速AFを実現
・大きなセンサーを持つ一眼レフカメラで実現した、ということに大きな意味がある
・動画でも被写体追従性が高いため、エントリーでもハイアマチュアと同じように撮影できる。
・制御性の良いレンズを使えば、ハイブリッドCMOS AFでも実際はデュアルピクセルCMOS AFと大きく速度は変わらない。古いレンズ、廉価版のレンズで特に威力を発揮する。
・全くコントラストが無い被写体には合わせられない

富士フィルム チェキ

ハイキー+ソフトフォーカスな写真が楽しめるチェキはファッションアイテムのような見た目も魅力的です。

チェキmini8のピンク、チェキmini8のピアノブラックなどかわいくておしゃれなチェキは斜めがけにしてもかわいい!

その場で写真がプリントされるチェキは結婚式などのパーティーシーンで使うのも面白いです。

ポシェットのように斜めがけもできるチェキはお出かけに持っていくのも手軽です。

ケンコー・トキナー、NDフィルターに高濃度タイプ4種類追加

スローシャッターを可能にする減光フィルター「PRO NDシリーズ」に、高濃度タイプ4種類を追加

減光フィルターとは・・・
・レンズに入る光の量を減少させるフィルター
・晴天時の屋外ポートレートなどでも開放させて撮影させることができる
・日食を撮影するときに使う
・長時間露出の特殊効果を生かした撮影が可能になる(町並みで人を消す、流れる川の動きを柔らかく表現するなど)

ケンコー・トキナー「テレプラス」シリーズ

レンズの焦点距離を伸ばす「テレプラス」、キヤノンEOS用のリニューアルモデルを発売 | 新製品情報 | ケンコー・トキナー

memo
・レンズとボディの間にセットするだけでレンズの焦点距離を1.4倍、2倍に拡張できる
・キャノンのEF-Sレンズでは使えない
・画質は落ちる
・AF撮影の速さや精度が落ちたり、暗いレンズだとMFになる
・焦点距離1.4倍→開放F値は1段分暗くなる
・焦点距離2倍→開放F値は2段分暗くなる
・Exif情報に記録されるのは、テレプラスによって変換された状態の焦点距離と絞り値

【比較】カシオのコンパクトデジカメEXILIM EX-ZR800とEXILIM EX-ZR700の違い

8月23日に発売になるカシオのコンパクトデジカメEXILIM EX-ZR800と現在発売中のEXILIM EX-ZR700の違いを調べました。

ZR800 ZR700
有効画素数 1610 万画素
光学ズーム 18 倍
5軸手振れ補正 ×
Eey-Fiカード対応 ×
PictBridge対応 ×
記録フォーマット JPEG/RAW
背景ぼかし
タイムラプス ×
液晶モニター 3インチ 92万ドット
本体重量 182 g
発売時予想価格 4万円前後 5万円前後

※間違いがないように気をつけていますが、手作業で入力しているので誤表記などありましたらご容赦ください。

[prlink]

画素数も倍率も同じです。

画像処理エンジンが新しくなっているのかなー。

目玉機能は5軸手振れ補正とEye-Fi対応でしょうか。

Wi-Fiが搭載されると割高になるのでEye-Fi対応なのはいいですねー。

Wi-Fiを使いたい人はEye-Fiカードを使用するということですね。

その分PictBridgeは非対応です。

こうゆうの見るとPictBridgeって消えるのかなー。どうなんだろう。

5軸手振れ補正はHS手ブレ補正モードが進化して上下左右の動きに対応ということですね。

ZR800はシャッター速度5段分の手振れ補正効果ってなってるけどZR700も同じくシャッター速度5段分の手振れ補正効果ってなってたので、どのくらい違いがあるのか試したいところです。

高倍率タイプのコンパクトデジカメは手振れ補正が強いに越したことはないので嬉しい進化です。

ZR800はタイムラプスが使えるので動画で遊べますね!

ZR800かZR700か?迷ってみました

ZR800の新機能タイムラプスとEye-Fi対応になった点には惹かれます。とはいえZR800とZR700の価格差が2倍くらいあるならZR700を選んでしまいそうです。私の場合、タイムラプスとEye-Fiはメインで使わないので。でも、ZR700は5万円前後から販売スタートだったのに対してZR800は4万円前後から販売スタート。価格的にZR700よりも割安感があります。この文章を書いている時点で価格.com最安値がすでに35,800円なのでZR800とZR700はあまり価格差は開かないかも。Eye-Fiとタイムラプスが使いたいならZR800、予算最優先ならZR700の選択になるのかも。5軸手振れ補正はZR800にしかありませんがZR800もZR700も『シャッター速度5段相当の補正効果』といっているのでZR700でも大丈夫かなって私は思います。
CASIO EXILIM ブラック EX-ZR700BK

CASIO EXILIM ホワイト EX-ZR800WE

[prlinkb]

カシオのコンパクトデジカメEXILIM EX-ZR800が8月23日に発売

カシオのコンパクトデジカメEXILIM EX-ZR700の後継機、EXILIM EX-ZR800の発売が発表されました。

価格.com – カシオ、5軸・5段の強力な手ブレ補正を搭載した「EX-ZR800」

【特徴】
・光学18倍ズーム
・5軸手振れ補正
・マニュアル撮影機能を搭載
・起動、オートフォーカスなどの高速レスポンス
・3.0型(約92万画素)の液晶モニター
・タイムラプス動画の撮影が可能。
・トリプルショット機能や背景ぼかしなどの撮影補助機能も搭載
・約222g
・光学18倍ズーム
標準モデルのコンパクトデジカメは光学10倍ズームくらいなのでEXILIM EX-ZR800は高倍率タイプのコンパクトデジカメになります。
35mm判換算で広角25mm~望遠450mm相当。

・5軸手振れ補正
5軸手振れ補正といえばオリンパスのミラーレスカメラOM-Dを思い浮かべますがカシオものせてきましたね!
HS手ブレ補正モードというようですが、5軸手振れ補正はコンパクトカメラではカシオだけ搭載しています。
高倍率タイプは望遠にするほど手ぶれしやすいので高倍率タイプは手振れ補正が強力なほうがいいですね。
撮影する時にシャッター速度5段分の効果があるようです。
光学手振れ補正は2段分、高速連写を最大9枚組み合わせて合計で5段分の手ブレ補正効果を実現できます。

・タイムラプス動画の撮影が可能。
これはたとえば10秒間に一回シャッターを切るのを30分間続けます。
そうすると長時間の撮影が早送り的に見れるということですね!
楽しそうー♥

・トリプルショット機能や背景ぼかしなどの撮影補助機能も搭載
トリプルショット機能はシャッターを押した瞬間とその前後を撮影してくれます。一瞬の動きも捉えやすくなりますね。
背景ぼかしもできるので、コンパクトカメラなのに一眼カメラ風に撮影することもできますよー!

キャノンのミラーレスカメラEOS MのAF速度が改善

6月27日にキャノンのミラーレスカメラEOS Mのファームウェアが新しくなっています。

キヤノン、EOS Mが2.3倍速くなるファームウェア公開 – 合焦スピード改善

キャノンのミラーレスカメラEOS MのAFが速くなりますね!

今までのAFはめちゃ遅かったからなー・・・。

AFの遅さでキャノンのミラーレスカメラEOS Mの購入をためらっていた人もこれで一歩前進できますね。